31shortyones31) the dreamy life of an artist ― Sayaka says good-night to Jaugo for a hopeful rendezvous in a dream again

←back  INDEX /日本語で読む 31)(つくづくとただ惚れてのみ覚ゆれば)はかなしとまさしくみつるゆめのよをおどろかでぬるわれはひとかは「儚しと正しく見つる夢の世を驚かで寝る我は人かは」和泉式部(いづみしきぶ)…

Continue reading

31短歌31)一人の芸術家の夢みたいな人生 ― さやか、夢の中での逢瀬に期待しつつ、冗悟に向かって「おやすみなさい」

←back  INDEX /read in ENGLISH  31)(つくづくとただ惚れてのみ覚ゆれば)はかなしとまさしくみつるゆめのよをおどろかでぬるわれはひとかは「儚しと正しく見つる夢の世を驚かで寝る我は人かは」和泉…

Continue reading

31短歌30)物事をとことんその極みまで考え抜いてみる ― さやか、冗悟とはまた逢えると確信する・・・何度も何度もつながり続ける夢みたいな現実の循環の中で

←back  INDEX /read in ENGLISH  forward→30)(維摩経十喩に、此の身は夢の如しと言へる心をよめる)みるほどはゆめもゆめともしられねばうつつもいまはうつつとおもはじ「見る程は夢も夢とも…

Continue reading

31shortyones30) thinking things through to the bitter end ― Sayaka makes sure she can meet Jaugo again… and again… in a chain of dreamy realities

←back  INDEX /日本語で読む forward→30)(維摩経十喩に、此の身は夢の如しと言へる心をよめる)みるほどはゆめもゆめともしられねばうつつもいまはうつつとおもはじ「見る程は夢も夢とも知られねば現も今は現…

Continue reading

31shortyones29) when we prefer dreams to reality ― Sayaka remembers how she missed her grandparents and what held her back into reality

←back  INDEX /日本語で読む forward→29)(子におくれて侍りける頃、夢にみてよみ侍りける)うたたねのこのよのゆめのはかなきにさめぬやがてのいのちともがな「うたた寝のこのよの夢の儚きに醒めぬ頓ての命と…

Continue reading

31短歌26)その涙、本物? それとも拍手喝采のため? ― さやか、安っぽい感情に対する(月例の?)いらだちをぶちまける

←back  INDEX /read in ENGLISH  forward→26)(題しらず)よのなかのうきもつらきもつげなくにまづしるものはなみだなりけり「世の中の憂きも辛きも告げなくに先づ知るものは涙なりけり」よみ…

Continue reading

31短歌16)「我が身の主」となって時の流れを忘れる方法 ― さやか、冗悟の「完璧かつ徹底的な自分自身への誠実さ」に感嘆する

←back  INDEX /read in ENGLISH  forward→16)(年の暮れの心をよめる)なにごとをまつとはなしにあけくれてことしもけふになりにけるかな『何事を待つとはなしに明け暮れて今年も今日になりに…

Continue reading

31shortyones16) how to be the master of oneself and forget the flight of time ― Sayaka wonders at Jaugo’s perfect and persistent honesty to himself

←back  INDEX /日本語で読む forward→16)(年の暮れの心をよめる)なにごとをまつとはなしにあけくれてことしもけふになりにけるかな『何事を待つとはなしに明け暮れて今年も今日になりにけるかな』源国信(み…

Continue reading

31短歌14)絶望して死ぬか、生きていつか今日の日を思い出すか ― さやか、幼年期の終わりに感じた「死の願望」を思い出す

←back  INDEX /read in ENGLISH  forward→14)(題しらず)うきままにいとひしみこそをしまるれあればぞみけるあきのよのつき「憂きままに厭ひし身こそ惜しまるれ在ればぞ見ける秋の夜の月」藤…

Continue reading

31短歌12)「一対一」対「大勢の中の一人」 ― さやか、冗悟の前での「自分らしさ」と群衆の中での疎外感の違いを理解する

←back  INDEX /read in ENGLISH  forward→12)(題しらず)なくむしのひとつこゑにもきこえぬはこころごころにものやかなしき「鳴く虫の一つ声にも聞こえぬは心々に物や悲しき」和泉式部(いづ…

Continue reading

31shortyones08) straight into the speaker’s heart & too much of something is no good news ― Sayaka becomes aware of the meaning of honesty & genius

←back  INDEX /日本語で読む forward→8)(男に忘られて侍りける頃、貴布禰に参りて御手洗川に蛍の飛び侍りけるを見てよめる)ものおもへばさはのほたるもわがみよりあくがれいづるたまかとぞみる「物思へば沢の…

Continue reading

31shortyones08) straight into the speaker's heart & too much of something is no good news ― Sayaka becomes aware of the meaning of honesty & genius

←back  INDEX /日本語で読む forward→ 8)(男に忘られて侍りける頃、貴布禰に参りて御手洗川に蛍の飛び侍りけるを見てよめる) ものおもへばさはのほたるもわがみよりあくがれいづるたまかとぞみる 「物思へ…

Continue reading

31shortyones07) there is more to 蛍の光(hotaru no hikari) than meets the eye ― Sayaka marvels at a strangely one-sided love

←back  INDEX /日本語で読む forward→7)(寛和二年内裏歌合によめる)なくこゑもきこえぬもののかなしきはしのびにもゆるほたるなりけり「鳴く声も聞こえぬものの哀しきは偲びに燃ゆる蛍なりけり」藤原高遠(ふ…

Continue reading