thirty-one shorty ones sure to turn you ON!

(このページのコンテンツはぜんぶ無料でお楽しみいただけます)

Sayaka’s Dreamy Dialogue (with Jaugo) : さやか(&冗悟)の夢見対話

(フレーズをぜんぶ表示→)    (←フレーズをぜんぶ閉じる)

(歌をぜんぶ表示→)    (←歌をぜんぶ閉じる)
選び抜かれた短歌31・・・それ以外のものも含めて全151首・・・たんとお楽しみあれ!
勅撰八代集に収載されている短歌(全145首)
△=勅撰八代集には収載されていない短歌(6首)
☆=俳句(4句)
★=長歌および歌謡(2つ)
▲=重複する短歌(4首)
=01= フレーズ

31shortyones01) a stripper in freezing sleeve clothes? ― Sayaka meets Jaugo for the first time
   31短歌01)冷凍袖付き着物に身を包んでの裸踊り? ― さやかと冗悟の初対面

=02= フレーズ

31shortyones02) worrisome cherry ― Sayaka asks Jaugo about adolescence
   31短歌02)気をもむサクラ ― さやか、冗悟に「青春」を問う

=03= フレーズ

31shortyones03) animal songs ― Sayaka impresses Jaugo by reciting several rhymes
   31短歌03)動物の歌 ― さやか、詩文をいくつもそらんじて冗悟を感心させる

=04= フレーズ

31shortyones04) what it is to be unique ― Sayaka gets worried about her place in this conversation
   31短歌04)唯一無二の存在とは何か ― さやか、この会話の中での自分の立ち位置について不安になる

=05= フレーズ

31shortyones05) bliss of innocence, treasure of reminiscence ― Sayaka's investment in future
   31短歌05)無知の至福と追想の至宝 ― さやかの未来投資

=06= フレーズ

31shortyones06) years and aging on poems and men ― Sayaka grows up in her appreciation of ages
   31短歌06)年月と老齢の、詩と人への影響 ― さやか、「老いへの理解」で大人になる

=07= フレーズ

31shortyones07) there is more to 蛍の光(hotaru no hikari) than meets the eye ― Sayaka marvels at a strangely one-sided love
   31短歌07)蛍の光はけっこう意味深 ― さやか、不思議な片思いに戸惑う

=08= フレーズ

31shortyones08) straight into the speaker's heart & too much of something is no good news ― Sayaka becomes aware of the meaning of honesty & genius
   31短歌08)語り手の心の中へ一直線&何にせよやりすぎはよくない ― さやか、率直&天才の意味を意識する

=09= フレーズ

31shortyones09) on art and life ― Sayaka is surprised at Jaugo's outlook on life
   31短歌09)芸術と人生について ― さやか、冗悟の人生観に驚く

=10= フレーズ

31shortyones10) different message in the same old wind ― Jaugo teaches Sayaka the feeling of getting old
   31短歌10)おなじみの風の中の違うメッセージ ― 冗悟、さやかに「老いの感覚」を教える

=11= フレーズ

31shortyones11) the first is the best ― Sayaka envies Jaugo his uniquely exciting boyhood
   31短歌11)最初こそ最高 ― さやか、冗悟の「他じゃ味わえない興奮満載」の少年時代をうらやむ

=12= フレーズ

31shortyones12) one-on-one vs. one-of-many ― Sayaka understands the difference of being herself before Jaugo and alienated in a crowd
   31短歌12)「一対一」対「大勢の中の一人」 ― さやか、冗悟の前での「自分らしさ」と群衆の中での疎外感の違いを理解する

=13= フレーズ

31shortyones13) one of too many to say which is which ― Sayaka's first victory over Jaugo
   31短歌13)あまりに多すぎてどれがどれだかわからない ― さやか、冗悟相手に初勝利を飾る

=14= フレーズ

31shortyones14) to die in despair or to live to remember today ― Sayaka recalls her death wish at the end of her childhood
   31短歌14)絶望して死ぬか、生きていつか今日の日を思い出すか ― さやか、幼年期の終わりに感じた「死の願望」を思い出す

=15= フレーズ

31shortyones15) too esoteric and too early to appreciate ― Sayaka proves her immunity to Autumnal sadness
   31短歌15)深遠にして難解にして早すぎて理解不能 ― さやか、秋の憂愁に染まらぬ我が身を実証する

=16= フレーズ

31shortyones16) how to be the master of oneself and forget the flight of time ― Sayaka wonders at Jaugo's perfect and persistent honesty to himself
   31短歌16)「我が身の主」となって時の流れを忘れる方法 ― さやか、冗悟の「完璧かつ徹底的な自分自身への誠実さ」に感嘆する

=17= フレーズ

31shortyones17) love can be different from person to person ― Sayaka confesses her feelings and prevails over Jaugo
   31短歌17)愛の意味は人それぞれ ― さやかの告白に、冗悟たじろぐ

=18= フレーズ

31shortyones18) live long along with your love ― Sayaka remembers how she conquered her death wish
   31短歌18)愛する人と一緒に長生きしよう ― さやか、いかにして「死の願望」を乗り越えたかを思い出す

=19= フレーズ

31shortyones19) a go-getter vs. a dream-waiter ― Sayaka meets Komachi
   31短歌19)自分から乗り込んで行って相手を捕まえるタイプ、対、夢の中でじっと待つタイプ ― さやかと「小町」の出会い

=20= フレーズ

31shortyones20) something other than being "a woman" ― Sayaka's determination after her enctouner with Komachi
   31短歌20)「女」であること以外の何か ― 「小町との出会い」を受けての、さやかの決意

=21= フレーズ

31shortyones21) the lifetime of a woman… and love ― Sayaka shows Jaugo how maturer she has grown (poetically)
   31短歌21)ある女性の・・・そしてその愛の・・・生涯 ― さやか、冗悟に、その成熟ぶりを示す(・・・詩的に)

=22= フレーズ

31shortyones22) one-way tickets from friends to lovers ― Sayaka interrogates Jaugo about his past lost love
   31短歌22)「友達」から「恋人」への片道切符 ― さやか、冗悟の昔の失恋を問いただす

=23= フレーズ

31shortyones23) to regret to beg ― Sayaka gets scared at a strange love letter
   31短歌23)くやんでみせるのはおねだりのため ― さやか、ヘンな恋文におびえる

=24= フレーズ

31shortyones24) how to deal with amorous torture ― Sayaka plays a counselor of love
   31短歌24)恋の拷問への対処法 ― さやか、恋愛カウンセラーを演じる

=25= フレーズ

31shortyones25) bitter/sweet lying between lovers ― Sayaka grows less averse to betrayals
   31短歌25)恋人どうしの甘いウソ/苦いウソ ― さやか、「裏切り」への嫌悪感が少し薄らぐ

=26= フレーズ

31shortyones26) tears for real? or for applause? ― Sayaka confesses her (periodic?) irritation at cheap emotions
   31短歌26)その涙、本物? それとも拍手喝采のため? ― さやか、安っぽい感情に対する(月例の?)いらだちをぶちまける

=27= フレーズ

31shortyones27) life, death, and… ― Sayaka's worst and brightest day
   31短歌27)人生、死、そして・・・ ― さやかの最悪の、そして最良の一日

=28= フレーズ

31shortyones28) men and women, loving and parting, what about children? ― Sayaka confides her family gossip to Jaugo
   31短歌28)男と女、愛と別れ、子供はどうなる? ― さやか、冗悟に、家庭内ゴシップを打ち明ける

=29= フレーズ

31shortyones29) when we prefer dreams to reality ― Sayaka remembers how she missed her grandparents and what held her back into reality
   31短歌29)「現実」より「夢」がいい時 ― さやか、祖父母への恋着と、自分を現実へ引き戻したものについて、思い出す

=30= フレーズ

31shortyones30) thinking things through to the bitter end ― Sayaka makes sure she can meet Jaugo again… and again… in a chain of dreamy realities
   31短歌30)物事をとことんその極みまで考え抜いてみる ― さやか、冗悟とはまた逢えると確信する・・・何度も何度もつながり続ける夢みたいな現実の循環の中で

=31= フレーズ

31shortyones31) the dreamy life of an artist ― Sayaka says good-night to Jaugo for a hopeful rendezvous in a dream again
   31短歌31)一人の芸術家の夢みたいな人生 ― さやか、夢の中での逢瀬に期待しつつ、冗悟に向かって「おやすみなさい」